虫めがねで見る

アトピー性皮膚炎とは、痒みのある皮膚炎が継続して繰り返される皮膚炎です。
昔は子供の病気だと思われていましたが、最近は大人になってもなかなか完治しない事が問題となっていて成人型アトピー性皮膚炎が増えています。
成人型の患者の人は子供の頃に皮膚炎を患った経験があり、その後完治し良い状態を保っていたのに成人してから又急激に皮膚に炎症が悪化する人が多くみられるようです。
成人型の特長としては、首や目の周り顔などの人目につく場所に症状が集中する事が多くストレスも大きな要因ではないかと言われる中、人目に付く場所に症状が集中する事からさらにそのストレスを増大させて悪化の要因になっている場合少なからずあるようです。

一般的に膚炎の治療薬は標準治療ではステロイド剤の塗り薬を使う治療が一般的です。
又皮膚の炎症を抑える最も有効な方法です。
ただ、ステロイド剤はアトピー性皮膚炎の完治に至る薬では無い為に患者の中では副作用を心配して、出来ればステロイド剤を使用したくないと希望する患者もいるようです。
その為、患者は標準治療か標準治療とは違う方法での治療の選択を迫られ多数の病院を渡り歩く患者も多数くいるようです。
完治に至る方法が無いので患者自身が、医師を探し自分に合う治療法を選択しなければならないのが成人型の患者の精神的負担となっているのも現実のようです。
又皮膚科医の中でも標準治療以外の治療を推進している皮膚科医も居るようですが圧倒的に人数も少無いようです。

今現在の成人型の非標準治療のもっとも有効だと言われている治療方法の中に脱保湿療法と言うのがあるようです。
脱保湿療法とは、ステロイド剤を使用せず保湿もしないと言う方法です。
一般的に皮膚炎の原因の一つと言われている皮膚の乾燥をあえて保湿と言う方法とは逆の方法で改善させると言う方法なので、標準治療とは真逆の治療方と言えます。
治療法とは至って簡単で、皮膚に何も塗らない、お風呂など皮膚の保湿になるような事は控える。
又石鹸などで皮膚を洗わない。
その他細かな方法は個人の肌の状態、肌のタイプによって細かな事が違ってくるようですが、ステロイド剤を止めた時点で激しいリバウンド状態と呼ばれる状態に一定期間陥るようですがその後脱ステロイド・脱保湿療法で個人の違いはあっても状態は徐々に改善して行くようです。
改善に至るまでに、一定の期間の個人的違いがあるので社会生活を全うしながらの治療が困難な場合がある為会社や個人の都合で非標準治療に踏み切れない患者も居るようです。
皮膚炎の原因の究明がなされていないので、患者の治療の選択も難しいようです。

オススメリンク

ピンクの錠剤

塗るタイプと飲むタイプがある

アトピー性皮膚炎では皮膚に湿疹、それに伴う痒みが起こっています。
そしてこれらの症状を抑えるために薬が使用されています。
種類としては、外用の塗り薬タイプ、内服用の飲み薬タイプとなっています。
一般的には塗るものが多く使用されますが、かなりの重症となると飲むものを服用す…Read more

薬の種類

原因は4つの説が考えられる

アトピー、とカタカナ四文字で言われる言葉。
それは、アレルギー反応によっておこる慢性に経過する炎症と掻痒を病態とする湿疹、皮膚炎症の一疾患です。
日本皮膚科学会の診断基準は、1痒み、2特徴的な皮疹とその分布、3慢性・反復性の経過。
この全てに当てはまるものをアトピーと言…Read more

関連リンク

BACK TO TOP